99年12月(ごろ)の1冊!
『キッチンズ』『バスルーム』に続く“カリフォルニア・デザイン・ライブラリー”の第三弾は、『リビングルーム』です。前2作同様、美しく、しかも“くつろげそう”なリビングルームの実例集であると同時に、この1冊は、“インテリアデザインの基本的な考え方”を紹介していく1冊です。

インテリアでいちばんむずかしいこと、それは“あれもいい、これもいい”のなかから、ひとつを選択しなくてはいけないこと。その悩みへ、カリフォルニアをベースに活躍する、デコレーターやデザイナーたちが、思い思いに回答を寄せてくれます。

そして、総じて彼らからの回答とは、(デザインの基本はおさえつつも)あなたの好きにしなさい、ということ。

迷うならば、まずは思い切ってシンプルな空間だけを手に入れて、時とともに家具や写真、オブジェなどを足していくというアプローチ……リビングルームは、あなたとあなたの家族の、暮らしのための空間なのですから。
チェック!
閉じる